最近、香り付き柔軟剤がはやっているようですね。

今日は「香害」についてお話します。

 

こんにちは~
ナチュラーレ代表の小沢佳子です。

今、世間では、空前のアロマブームが沸き起こっています。

アロマテラピースクールを開校している私にとっても、

香りによる環境作りが皆様に拡がっていくことは

大変うれしいことです。

この写真のように、自然なお花の香りならほんとうに素敵なんですが・・・

 

季節-春2

その香りのブームによって、洗濯洗剤、柔軟剤にまでその流れで

たくさんの合成香料の香りがつけられています。

その香りはアロマテラピーでは使われない化学的な香料を使った商品です。

 

香り成分は、鼻から気管から、肺の奥深くから、身体に吸収されます。

そして血液にのって、体中を駆け巡ります。

その成分が化学物質であれば、どんなことが起こるでしょうか?

 

国民生活センターが以前、柔軟仕上げ剤の香りに関する相談が急増していると

発表した会見をご存知ですか?

 

「柔軟剤のにおいについては、においの強さの感じ方には個人差がある。

使用量が過度にならないよう、配慮する必要性がある。」

 

と消費者に対し、柔軟剤の過度な使用を控えるよう呼びかけました。

アロマの香りといいながら、合成香料が身体に及ぼす影響は計り知れないものがあります。

 

嫌な香りを嗅ぐと血中にストレスホルモンが分泌され、体調を崩したり

アレルギーに似た反応を起こす人もいます。

 

うちに通われる患者さんの小さなお子様の衣服から、強い香りを

発しているときがあります。

小さい時から、24時間合成香料に暴露されているということは

大変怖いことだと思います。

我が家では、柔軟剤が必要でない衣類洗剤を使っていますが

(それは、使わなくてもごわごわしない環境に優しい洗剤です)

どうしても使いたい方のために、アロマで作る柔軟剤の手作り教室を

扶桑教室と栄教室で開催する必要がありますね・・・・

 

香りの使い方は、知識と注意が必要です。

柔軟剤の香害については、私自身、大変憂慮しています。

この記事は定期的に再アップしていきたいと思っています。

 

ナチュラーレでは、こういった生活に密接なお話も取り入れながら

講座を展開しています。

これからのセミナー予定は、こちらのブログで随時お知らせしていきますね。

お問い合わせなどございましたら、お気軽に・・・・お待ちしております。

お申し込み、お問い合わせはこちらです → ★

 

 

代表小沢佳子の電子書籍が発売されました。

アマゾンでお買い求めいただけます。

cover_template